メンバー紹介

共同代表

関 豊子(代表:写真右)

ファイナンシャルプランナー、終活カウンセラー、相続診断士

約10年にわたり、認知症(レビー小体型)の母の介護を経験。その間に伯母の孤独死に遭遇。やっと母の介護から解放された父も、母の死後半年で他界。ファイナンシャルプランナーの知識を生かし、両親、伯母の財産管理、公正証書遺言申請、不動産登記申請、相続税申告など、できることは自分でやるをモットーに頑張ってきました。その経験から「介護・相続で家族が壊れて欲しくない」そんな思いで活動を続けています。

宇佐美 京子(代表:写真左)

行政書士

遠距離介護で母を看取り「私は母に何もしてあげられなかった…」その後悔から、終活でお悩みの方やご家族の不安を安心にするサポートをしています。おひとりさま、お子さんがいらっしゃらないご夫妻など、老後のお悩みをぜひご相談ください。

メンバー

山崎 幸子

ファイナンシャルプランナー

両親を見送り、今度は年の離れた夫の介護が気になってきました。葬儀、相続を体験し、知識の大切さを実感して、ファイナンシャルプランナーの資格を取得。介護・相続の不安は知ることから解決しましょう!

田浦 有美(会計)

ファイナンシャルプランナー

85歳になる母が思いがけない腰の骨折で、介護が必要となりました。子育てとは違い「現状維持を保ち、今の状態がベスト」という現実は、年老いていく母を支えようと思うものの、気持ち的につらくなる時もあります。

「いつか来た道、いずれ行く道」

子育てを卒業した今、自分が老いについて考える良い機会を与えられているのかなと思います。現在進行中の介護経験をもとにリアルな情報をお届けしたいと思っています。

南 希代子

介護福祉士

独身のアラフォー。

おひとりさまの悩みをかかえつつ介護福祉施設で働き、施設の相談員を経験。

おひとりさまの未来、親の介護・相続に向け日々知識集めにいそしんでます。

目下の悩みは地方の家の処分。田舎の家の悩みはつきません。

会員リンク集